Epiphone Cortez FT-45 1965年製

遠路、米国より一週間の空の旅を終え、ついに我が家へやって来ました。首を長くして待ち焦がれておりました。ギターケースを開け、初対面の瞬間はいつものように緊張します。自分が思い描く良い状態であってくれ、とただ祈るのであります。でもこのギターの状態には少し自信がありまして、写真で一目見た時から“絶対にいい”と信じておりました。いわゆる目利き、と言うやつです。そしてギターケースを開けて触れる前に確信しました。“絶対にいい”これが悪いはずが無いんです。

Epiphone Cortez FT-45 Natural 1965年製(エピフォン・コルテズ)
ケースもオリジナルのソフトシェルケースです。

ボディには艶があり、ウエザーチェックも入っており、古いのに綺麗です。
エピフォン社はもともと独自でギターを製作しておりましたが1957年に有名なギブソン社に買収されました。以降はブランド名は残っているものの、製造はギブソンがする事になります。エピフォンを有名にしたのは言わずと知れた、ビートルズであります。Casino、Texanなどビートルズを語る上では外せない名器ばかりです。

このCortezはポール・マッカートニーが使っていた、1964年製Texan(テキサン)の一回り小さなギターで、ギブソンで言うとB-25とほぼ同じです。Texanの弟的存在でしょうか。でも、ギブソンの方が圧倒的に人気があるんです。

嬉しい事に、1960年当時のギブソン社のギター弦とピックをつけてくれました。こう言うのがまた嬉しいのです。当時の値段は2ドル50セントです。

2年ほど前に1964年製Cortezを諸事情により手放したのですが、やはりこの機種が好きです。サボテンも。右: Epiphone Cortez FT-45 sunburst.

 

「Epiphone Cortez FT-45 1965年製」への2件のフィードバック

    1. オカザキオカさん、年齢のわりに綺麗な感じです。コメントありがとうございます。嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です